« Cuteなー、Cuteな、iPadケーっス☆ | トップページ | 光の道を忘れたふり? »

2012年4月25日 (水)

懲りないで4K2Kかよ!

“4K2K”はテレビの救世主になるか? 評論家・増田和夫が迫る

この記事を読んだら、

ふつーの人はほぼ誰もが「あほか!」と思って当然だろう。

いったい日本の家電メーカーはどこに向かっているのだろう。。

 

記事よりコピー画像:

03_px400


 

4K2K と 言われる解像度は、PCで使って、しかも安いなら

それなりにニーズはあるだろう。・・あくまで安いなら・・。

 

家電を普通に使いたい一般人は

そもそもブラウン管アナログテレビから嫌々乗り換えたことが

見えているのだろうか?

 

嫌々乗り換えて、乗り換えさせられて「コピーワンス」を

「ダビング10」にしたから・・と言っても

アナログ時代よりも不便さが増したと多くの人が思ってる。

 

最近のレコーダーはデジタルだからこそ完璧にできる

「CMカット機能」を権利者の利益のために、なくしているそうだ。

 

3D ・・・

一部AVマニアが食いついて喜んでいるの記事で読んだけれど、

オイラの予想通り、誰もそこまで求めてなかった。。

 

そう ・・

「そこまで求めていない」のがわからないみたいだ。

 

多チャンネル放送しかり。

コンテンツはますます薄まっていっただけだった。。

 

そう ・・

先進ハイテク技術ではない。 

優良なコンテンツを安価に・・を人々は求めていると思う。

 

それは確かに家電メーカーの利益にはかなわないかもしれない。 

それは確かに権利者団体の利益にはかなわないかもしれない。

 

しかし いずれ・・

家電メーカー と 権利者 では なく、

ユーザー が 求めている状態 ・・

コンテンツが定額で安価にオンデマンドされるのが 

日常になるのだろう と 思う。

 

そこから収益を得られるビジネスモデルを

構築するしか、メーカーと権利者に道はないのだろう と 思う。

 

ただ・・その際、

「 ねぇねぇ?きのうのドラマさあ・・ 」

「 ねぇねぇ?きのうのさんまさあ・・ 」 なんて

日常会話はどこへ行ってしまうのでしょうねえ。。

« Cuteなー、Cuteな、iPadケーっス☆ | トップページ | 光の道を忘れたふり? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

> どこへ行ってしまうのでしょうねえ。。
広告媒体として生き残るには「ワンス」すら出来ない放送になるでしょうね。

3S政策より、オンデマンド。
オンデマンド止めますか?それとも人間・・・

「まぢめに働いて慎ましく健康に暮らすための家電」を作ってみては如何でしょうか?
って、何よ??とか、トカトントン。

ではでは。

3S政策 ・・・ 実は初めて聞きました。
それが、あったのか、なかったのか は わかりませんが、
現在みたいにネットに情報が過多になって
しかも有用だと思える情報にこそ「扇動家」がたかっていて・・
知らなければ、安穏と平穏に過ごせていたかもしれない。とも
思いますね。
---
「そんな家電」が本当に欲しいですねえ。。
それよ何よ??ですけど(笑
---
妹の知り合いの息子さんは
この大字田舎字田舎なN善に住んでいて
「田舎暮らしがしたい」 と ドイツに留学して哲学を専攻しています。
聞いた当時は笑いましたが、
最近はなんだか気持ちがわかる「知らなかったら良かったなあ」な
オイラです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/281506/45022597

この記事へのトラックバック一覧です: 懲りないで4K2Kかよ!:

« Cuteなー、Cuteな、iPadケーっス☆ | トップページ | 光の道を忘れたふり? »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ